台湾ポップス(C-POP)ざんまい!ブログ

台湾ポップスと海外の電気街・スマートフォンなどについて紹介

Mac・iPhone・iPad 海外プリペイドSIMカード

シンガポールでSIMカードを購入する(2015年6月6日)

2016/07/24

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさん、こんにちは(^^)/

6月6日(土)から6月9日(火)まで、社員旅行でシンガポールに行ってきました!
今回もプリペイドカードのSIMカードを入手したので、ご紹介したいと思います。

事前の調査では、空港の両替所でSIMカードを調達する方が多いようで、筆者も同じように購入することに。

更に、SingtelのWebサイトで「hi! TOURIST SIM」というパッケージが販売されているということで、こちらを狙ってみました。

http://info.singtel.com/personal/phones-plans/mobile/singtel-prepaid

どうやら、ここ最近になって発売されたSIMカードなのか、日本語のサイトに掲載されている情報があまり無いようです。

このSIMの大きなメリットは、アクティベートが必要なく、

 ・10日間有効
 ・データ容量 7GB(キャンペーンなのか100GBまで可能?)

なSIMである点です。

入手も簡単で、チャンギ空港にANA便で到着して、「RHB Bank Currency Exchange Counters」の両替所でパスポートを提示して、30SGD(約2,800円)でデータ通信が100GBまで可能なSIMカードを購入しました。

本当は15SGDのパッケージで十分だったのですが、両替所での有無はチェックしませんでした。パッケージは下記の写真の通りです。

Singtelの「hi! TOURIST SIM」パッケージ

Singtelの「hi! TOURIST SIM」パッケージ

SIMカードの形状は、標準・Micro・NanoにカットできるSIMカードでした。
今回は昨年、香港にて購入したXperia Mを使用するため、Microサイズにして使用しました。

Singtelの通常版のプリペイドSIMと違うのは、開通作業が必要ないのと、自分のXperiaを使った場合は、データ通信のONにすると、自動的にAPNの設定などがされるということです。

また、使用方法が書かれた、各国語の説明書が付属しております。
日本語のページは下記の2ページです。

SIM説明書P1

SIM説明書P2

残高などの照会は「*100+#」にダイヤルすると、SMSでかえってきます。最終日の使用状況の写真を見てもわかると思いますが、筆者の場合は1GBも使いませんでした。

残高照会

また、テザリングも問題なく使用できました。

以上、シンガポールでSingtelの「hi! TOURIST SIM」の使用レポートでした。
それでは、またよろしく〜。

-Mac・iPhone・iPad, 海外プリペイドSIMカード