台湾ポップス(C-POP)ざんまい!ブログ

台湾ポップスと海外の電気街・スマートフォンなどについて紹介

Mac・iPhone・iPad 海外プリペイドSIMカード

ハワイでプリペイドSIMカードを使う(2015/8/9)

2017/02/28

皆さん、こんにちは(^^)/
8月9日(日)から14日(金)まで、ハワイ・ホノルルへ行ってきました!

ハワイに行くにあたって、現地で使えるSIMカードを調査したところ、アメリカ国内でアクティベーションが簡単なプリペイドSIMカードである「READY SIM」(2016年4月に「ZIP SIM」に名称変更)を使うのが手軽なため、日本の代理店(ジャパエモ)から、7日間有効のTALK+TEXT+500MBデータ通信可能のパッケージ($25相当)を、3,680円(税込・5月30日現在)で購入しました。

READY SIMのパッケージは下記画像のような感じで、1つのパッケージの中で、標準・Micro・Nano SIMに対応しておりました。

READY SIMのパッケージ

READY SIMのパッケージ

今回の旅行中、北米の3G回線を使うことのできる手持ちの機材としては、iPad 2 Wi-Fi&3G 香港版(SIMロックフリー)しかなかったので、SMSによるアクティベーションだけはGSMを使って、Xperia M(C1905)で行い、そのあとのデータ通信はiPadで行う事にしました。

すこし話がそれますが、香港に行った際にXperiaを購入当時、北米の対応周波数まで考えなかったので、今後端末を買うの時には考慮しないといけないと思いました。例えば、iPhoneのSIMロックフリー版は高くても購入する価値はありそうですし、テザリングがメインであればiPad mini2などのタブレットも良いかもしれません。

READY SIMのアクティベーションですが、SMSで「7850」宛にホノルルのZIPコード(郵便番号)「96185」を送ってあげると、下記メッセージ受信後に電話番号が割り振られ、すぐに使えるようになります。ちなみにiPad側のAPNは「wholesale」で設定し、あっさり使えるようになりました。

2

3

回線の速度は、帰国前のホノルル国際空港で測定したところ、ダウンロードが0.8Mbpsと、それなりに不自由なく使えるという感じの速度でした。

4

■他のSIMカードを使うことを想定してみる
アメリカのプリペイドSIMカード端末は、基本的にはSIMロックがかかっています。
今回の滞在で様々なショップに行きましたが、SIMロックフリーの端末を置いている様子がなかったようです。

(1)AT&Tで契約する
今回はあっさり「READY SIM」でスムーズに使う事ができましたが、ワイキキでSIMロックフリーの端末に、プリペイドSIMカードを調達する方法としては、アラモアセンターにある「AT&T」で手続きを行うという方法もあるようです。

5

5-2

AT&Tのプリペイドカード「Go Phone」の端末については、下記URLを参考にしましたので、ご参考までに。
http://www.att.com/shop/wireless/devices/prepaidphones.html

(2)Walmart(ウォルマート)で購入する
アラモアナセンターから、スーパーマーケットのWalmart(ウォルマート)へ行く途中に、Verizonもありました。

6

Walmartにもプリペイド端末とSIMカードを取り扱っておりました。

7

なお、WalmartブランドのMVNOもあるようで、渡航前に下記Webページで調査しました。
しかし、一番安い$20を切る端末の在庫がなかったので、あればアクティベーションの問題さえ解決すれば買ってもいいかな〜とは思いました。
http://www.walmart.com/browse/electronics/prepaid-cell-phones/3944_542371_133261

(3)家電量販店「Bust Buy」で購入する
かねてから行きたかった、アメリカの家電量販店「Bust Buy」のHonolulu店にも行ってきました。
ホノルル市内からタクシーで約25ドルで行く事ができました。

8

http://stores.bestbuy.com/763/

こちらにもAT&TやVirgin MobileなどのプリペイドSIM端末が置いてありました。

8-2

下記WebページはBest Buyのプリペイドカード端末のWebページです。

http://www.bestbuy.com/site/mobile-cell-phones/no-contract/abcat0801002.c?id=abcat0801002

ただ、品揃えはWalmartの方が多いと思います。アメリカンな白物家電などを見たりするのには、面白いお店ではありました。

(4)カイルア地区にある「Target(ターゲット)」で購入する
8月12日にJTBのバスでカイルア地区に行く機会がありました。ここには、スーパーマーケットの「Target(ターゲット)」があります。こちらにもプリペイドカード対応端末がありました。
ここで初めて、プリペイド式のモバイルWi-Fiルーターが置いてありました。
Verizonのものが$49.9、AT&Tのものが$99.9で販売されていました。

9

9-2

到着日後すぐに入手可能だったら、Verizonのルーターを買って自分でアクティベートするか、自分でもだめなら、アラモアナにあるVerizonで開通手続きを相談する事もできたのかな〜と思いました。

(5)シェラトン・ワイキキ・リゾートにあった「Best Buy」のKiosk販売機
今回のハワイ滞在中、ホテルはシェラトン・ワイキキ・リゾートに宿泊したのですが、1Fのプールサイド近くにある「ハパス・ピザ」というピザ屋さんの近くに、Best Buyの自動販売機を見かけました。
その中にもスマホ・ガラケー・プリペイドSIMらしきものが販売されておりました。金額は高いのがちょっと残念ではありますが...。

10

10-2

10-3

というわけで、READY SIM使用レポートと、ハワイのプリペイド携帯事情についてでした。
それでは、またよろしく〜。

-Mac・iPhone・iPad, 海外プリペイドSIMカード