台湾ポップス(C-POP)ざんまい!ブログ

台湾ポップスと海外の電気街・スマートフォンなどについて紹介

Mac・iPhone・iPad 台湾 海外プリペイドSIMカード

台湾データ通信SIMカードを購入する(2012年10月26日)

2016/07/24

台北松山空港の中華電信のカウンター皆さん、こんにちはヾ(@⌒ー⌒@)ノ

台湾語学留学から丸10年の記念ということで、2012年10月26日(金)から29日(月)まで、台北に行ってきました!

今回の旅行では、SIMロックフリーのiPhone3GSに、プリペイドカードタイプのデータ通信SIMカードを使って、台北の様々の場所からメールのチェックはもちろんのこと、Twitterでつぶやいたり、Facebookの「チェックイン」機能を使って、旅の記録を残すことができました。

10月26日の羽田空港発-台北松山空港着の日本航空 JL39便で、台湾時間の20:50に台北に到着しました。

入国手続を終えて、松山空港の到着ロビーに、中華電信のカウンターがあり、こちらでデータ通信SIMカードを調達することに。

台北松山空港の中華電信のカウンター

松山空港の中華電信の窓口は、朝6:00から22:00まで営業しています。

私が行くと台湾人の方が1名、同じJAL便で到着した日本人が2名ほどいらっしゃいました。日本人の2名の方達もデータ通信SIMカードの購入するようで、3G Wi-Fiルーターで契約していました。

当日カウンターにいた、中華電信のスタッフの方は日本語が話せる方だったので、手続きの説明は全て日本語で行うことができました。非常にありがたいです。

データ通信SIMカードの購入に必要な身分証明書は、
1. パスポート
2. 運転免許症などの公的機関が発行した身分証明書
の二つが必要になります。

契約する際のプランですが、
1. Wi-Fiルーターのようなデータ通信だけの契約
2. スマートフォンのようにデータ通信+音声の両方の契約
が選べます。

私より先に居た日本人の方達は、データ通信だけの契約なので、料金は
1. 3日間プラン NT$250 (約680円)
2. 7日間プラン NT$450 (約1220円)

でした。なお3日間というのは、開通日の次の日から3日間なので、実質3泊4日の旅程なら、最終日まで使えます。

中華電信の短期データ通信プラン

 

 

 

 

 

 

データ通信だけの契約をされた方は、書類に4ヶ所署名して、10分もしないうちに契約が終了していました。

さて、私の場合は、iPhoneなのでデータ通信+音声の契約にしました。
この場合は、3日間の短期データ通信プラン+音声通話分が含まれた、NT$300 (約820円)の料金となります。

データ通信だけのプランと違い、書類は3ヶ所に署名。
開通までの流れですが、

1. まず中華電信のスタッフから「SIMロックが解除されたiPhoneですか?」と聞かれます。
2. 次に開通テストをします。SIMカードを端末に入れて「928」に発信。続けて、プリペイドのリチャージや、有効期限の照会の際の言語設定も「日本語」にしてもらいました。
3. 開通すると、ショートメッセージが送られてきます。ここにデータ通信の有効期限が書かれています。

中華電信のSIMカードの有効期限

 

 

 
 

 

 

 

 

 

4. 3Gのデータ通信が有効になっているか?の確認をします。
†iPhoneの画面に3Gが表示されないと、データ通信ができないようで、私の場合は、一度電源を切って再起動したら表示されるようになり、ブラウザから適当なWebページにアクセスして、無事データ通信が使えるようになりました!

iPhoneの場合は、特にAPNの設定も必要ないようで、下記の画面のように「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「モバイルデータ通信ネットワーク」の項目が既に設定されていました。

iPhoneの「モバイルデータ通信ネットワーク」の画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なお、契約の際に、「プリペイドSIMカード使用ガイド」がもらえるので、日本語の部分をスキャンして掲載しておきます。

中華電信のSIMカード説明書

開通してすぐに、Facebookに「台北松山空港にチェックイン」しておきましたよ♪

■テザリングは?
今年の7月に北京でデータ通信SIMカードを購入した時も、予想外でテザリングできることが判明したので、今回も確認してみました。

「設定」→「一般」→「ネットワーク」の下の方に「インターネット共有」が表示されており、更に進むと「インターネット共有」のボタンが!

iPhoneの「インターネット共有」のボタン

 

 

 

 

 

 

 

「オン」にすると、USBまたはBluetoothで共有することができ、iPad2とBluetoothを使って通信することができました!

iPhoneの「インターネット共有オン」の確認画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneの「インターネット共有」オン画面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、iPhone5とはBluetoothで共有できませんでした。

通信速度ですが、金曜日の夜11:30に測ったところ、ダウンロードは平均・最高ともに1566Kbit/s、アップロードは、平均101Kbit/s、最高104Kbit/sでした。

データ通信速度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、土曜日のお昼頃に光華商場のある、MRT忠孝新生站付近でFacebookにアクセスした時は、全然繋がらない時もあり、場所や時間によってバラツキがかなりありました。

というわけで、台湾のデータ通信SIMカード購入・使用レポートでした。
それでは、また!

-Mac・iPhone・iPad, 台湾, 海外プリペイドSIMカード