台湾ポップス(C-POP)ざんまい!ブログ

台湾ポップスと海外の電気街・スマートフォンなどについて紹介

Mac・iPhone・iPad 海外プリペイドSIMカード

香港の空港でプリペイドSIMカードを買う

2016/07/24

皆さん、こんにちは!
8月11日から13日まで、香港に行ってきました。

今回もプリペイドSIMカードを購入しましたので、レポートを書きたいと思います。

事前の情報では、香港国際空港の第1ターミナルの出発階にキャリアの「3」のショップがあるということでしたが、実際には中国移動香港のショップしか見つける事ができませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、到着階の7-11に他のキャリアのSIMカードがあるかもしれないということで、行ってみることに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジで「SIMカードを欲しいのですが」というと、出してくれました。
そのSIMカードは、中国移動香港のもの(笑)
「他のキャリアのものは無いですか?」と聞いたものの、無いということなので80HKD(約1115円)で購入しました。

パッケージを見ると、
・4G/3G Data package  $48/5日 Days 1.5GB
・3G Data package Lite/10日
と記載があり、更に
・4G/3G Local Data Service : $0.5/MB Daily Capped at $28
ということで、数日間利用するのには十分だと思います。

3中国移動パッケージ

また、SIMカードは、標準SIMとMicro SIM共用タイプになっています。

早速、ベンチを探してiPad2にSIMを入れて、APN「CMHK」を入れると通信が開始されました!

しかし、問題があって、自分がメインに使っている独自ドメインからメールを出そうとすると、「サーバがリレーを許可していないためノ」というエラーが出て受信はできても、送信ができない状態でした。

しかし、Gmailだけは大丈夫だったので、こちらからメールを送ることにしました。

あとは、エアポート快速の中で、早速Facebookに投稿してみました。
速度は正直あまり早くない印象を受けました。

通信はできましたが、気になるのはテザリング。
旺角の先達商場で買った、Xperia Mに入れてみると、テザリングの設定画面に進む事もできて、iPad2からアクセスする事もできました。

4テザリング

ちなみに、中国移動香港のSIMカードだけでは心配だったので、深水埗の屋台で、お店の人に「2,3日使うならどのカードがいい?」と聞いたうえで、Smartoneの$80のSIMカードを50HKD(約700円)で購入しました。

5smartoneパッケージ

こちらは
・$8/少時任用 (1時間で8HKD)
・$24 全日任用 (1日で24HKD)
というパッケージだったので、3日間は問題なく使えます。中国移動香港より速度も早いです。

以上、香港国際空港内での(2014年8月11日)SIMカードの購入についてのレポートでした。

-Mac・iPhone・iPad, 海外プリペイドSIMカード