台湾ポップス(C-POP)ざんまい!ブログ

台湾ポップスと海外の電気街・スマートフォンなどについて紹介

カーライフ デミオ

うたろう的愛車遍歴

皆さん、こんにちは(^^)/

今回は、過去に運営していたブログ「デミオライフ」のおさらいというか、「うたろう的愛車遍歴」から始めようと思います。

ちなみに「愛車遍歴」というタイトルは、BS日テレで土曜日の22時から放送されている「おぎやはぎの愛車遍歴」から名づけてみました(汗)

運転免許は18歳の時に、マニュアルで取得しました。

本音を言うと、運動神経があまり良くない方なので(特にバックは苦手、MTは教習所で苦戦)、AT限定にしたかったのですが、自宅にある車がMT車だったため仕方なかったと言う理由があります。

その当時、実家にあった車は、日本フォード・スペクトロン(マツダ ボンゴのOEM)だったので、運転免許取得直後は、練習のために時々乗っていたのですが、MTはやっぱり無理だな…ということで、専門学校を卒業するまでは、ほとんど運転しませんでした。

専門学校の2年の時に、ちょうどインターネットが普及し始めた頃で、当時はHTMLのコーディングの割と良いバイトがあったので、1年間でまとまった貯金ができたので、1996年に最初の愛車を買うことになります。

いままでの愛車遍歴は、

 1.マツダ・ファミリア アスティナ(1996年〜)
 2.OPEL・VITA(2000年〜)
 3.日産・モコ(スズキ・MRワゴンOEM)(2008年〜)
 4.マツダ・デミオ 13-SKYACTIV(2013年〜)

で、今のデミオは4台目の車です。

まず、アスティナ。とにかくスタイルがいいので乗ってみたいな…と思い、母がお世話になっていたディーラーで中古を探してもらって購入。本体が48万円、諸費用込みで60万円。

ファミリア アスティナ

マツダ アスティナ

この車はネットで調べると、結構「隠れた名車」的な存在らしいです。
確かにスタイリングとパワーが兼ね備わっている車でした。

ファミリア・アスティナからOPELのVITAに乗り換えたのは、当時、北埼玉の某工場でメーカー孫会社の派遣会社社員として技術職についていたのですが、急に資本関係が全くない群馬県の町工場に左遷させられて、片道1時間10分/40kmの自動車通勤をすることになり…

アスティナ自体はいい車なのですが、1時間乗っているとシートが疲れるという理由で、「いいシートならドイツ車だよね?」という半分こじつけで乗り換えることに。

ちなみに競合車種は、VWのポロ。市場価値的にはポロの方がいいのはわかっているし、試乗もしたのですが、やっぱりVITAの方が乗りやすい。更に値段が安い(笑)

というわけで、念願だった「ドイツメーカーの新車」を、ディーラーでカタログをもらってから、ほぼ1週間ぐらいで決めて買ってしまいました。

OPEL VITA

毎日長距離を乗るので、お金をかけたというか(仕事も半分辛かったし)。
当時のマイブームもC-POPになっていたので、6連装CDチェンジャーで車内で思い切り楽しんでいた記憶があります。

数年間乗ったVITAを手放したのは、車検が迫っていたため。ヨーロッパ規格の部品が多いので、当時バッテリー交換だけでも2万以上したりと、メンテナンス費用がかさむという理由もありました。

モコについては、実家で既に1台購入していて、悪くないな〜と思っていたいたので、それほどこだわりなく、維持費が安いので軽でもいいか…ということで購入。結婚して、北埼玉から@TokyoBayエリアに引っ越し、車通勤でもないので、それとな〜く所有しておりました。

日産モコ

日産 モコ

モコを手放したのは、転職をして自動車通勤になり、会社の途中にちょっときつい坂があったり、週末通っている某ショッピングセンターの立体駐車場を登るのが辛いのが一つ。

もう一つは、モコを車検に出した時に、代車でディーダを借り、やっぱり普通車のエンジンは余裕があるな…というのと、内装がいいなぁ…ということで。最初は中古でティーダに買い換えようかとも思っていたんですね。

しかし、もう一台気になる車が。それがデミオ。

マツダ デミオ

マツダ デミオ

工業高校の電子機械科を卒業していたので、ある機械系の授業で「同じ機能を実現するなら、シンプルな方がいい」ということが頭にあったので、ハイブリットで燃費を軽減するというやり方が、どうしても自分には合わない。

それなら、ガソリン車で燃費が良いコンパクトカーとなると、残ったのはデミオとノートぐらい。食わず嫌いかもしれないのですが、トヨタとホンダは選考外という感じ。

金曜日の夜に、会社からの帰り道の途中にある、マツダのディーラーでとりあえず見に行くことに。お店から出てきた営業マンには「買う気は当分ないので」を強調。

しかし、試乗だけしてみるか…ということで、ちょっとした高速走行できる場所や、街中を通るコースで乗ったら、いい感じじゃない?ということで、見積(スカアクティブではないモデル)と査定をしてもらうことに。月々の金額もそれほど高くもなく、モコの査定も悪くない。

やっぱり欲しい!と言うことで、一晩考えて、次の日の午後4時に再来店の予約をしてしまいました。

翌日の午前中、中古車情報サイトで、ティーダが日産系の大型展示場に、走行距離が2万km強で本体価格70万前後であるということで、実際に観に行くことに。

試乗できる小さなコースもあったのですが、なんだか感激がないのと、簡単に組める中古車ローンの金利が9.8%と高いので、ティーダはペンディング。

そして、午後4時にマツダのディーラーに妻と一緒に行って、再度相談。
前日に考えていた、スカイアクティブではないデミオよりも、やっぱりスカイアクティブにしたいのと、オートエアコンがいいな…その代わり、カーナビは最小限でということで、見積もりをしてもらいました。

ボーナス商戦が始まる近辺だったのか、なんだか思い切った見積もりが提示されたのと、カーナビのアップグレードで同じ価格でどうですか?となり、契約しました。

というわけで、現在もデミオ13-SKYACTIV(DEJFS)に乗っております。

2013年から2017年8月まで運転した印象としますと、やっぱり運転しやすい車ですね。

特に高速道路は楽で、あんまり高速は走りませんが、今まで乗っていた車は意外と高速運転が疲れる感じがあったのですが、キビキビ動きます。

ここまで、うたろう的愛車遍歴と、デミオライフの始まりについてお届けしました。

それでは、また(^^)/

-カーライフ, デミオ